ブログ説明


早穂理さんは、いのちの森「水輪」を造った塩澤夫妻の娘さんのお名前です。出産時に分娩の医療ミスにより、脳に傷をつけてしまいました。
早穂理さんは歩くことも、話すことも、自分の手で食べることもできませんが、心はみんな解っているようです。そんな早穂理さんの毎日を紹介させて頂きます。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。

2018年9月21日金曜日

2018/09/21 さおりさん日向ぼっこ

さおりさん日向ぼっこ

皆さんこんにちは!
先日、台風の過ぎ去った後の秋晴れの日に、さおりさんは、ベランダのデッキに出ることが出来ました。
なんと2年ぶりくらいに出る、久しぶりの外気でした。
午後2時過ぎごろ、穏やかな日の光にあたり、さおりさんもにこにこ笑顔に。
山のセミの鳴き声も聞こえてきました。
空気も気持ちよく、風も心地よく、さおりさんの頬を撫でていきました。

(スタッフ R.S)


2018年9月2日日曜日

2018/09/02 人生の大切なもの

みなさま、こんにちは!9月に入りました。
夏はあっという間に過ぎていった感じがします。

各地で、台風や竜巻など、大変な被害があるようです。
そんな中、さおりさんはおかげさまで元気に過ごすことが出来ています。

先日、研先生のお話の中に、
「人生のなかで、”勝ち組”になることが、必ずしも心の幸せではない」
というお話がありました。

お金をためたり、良い大学に入り、就職をしたりというのは、
世の中では限られた人しかできない。
しかし、”勝ち組”でなければ幸せというわけではないし、
逆にむなしさを感じている人もいる。

そういった時に何が大事かというと、
たとえ自分では受け入れがたいような不条理なことに出会ったときこそ、
そのなかに大切な学びがあるととらえ、
そのことに向き合い一歩一歩あるいていくこと。

人生の中には、一見、表面的には自分が損をするような、
失敗に思えるようなことが起こってきますが、
それらも全て自分に必要があっておこってきたこととすることです。

研先生のお話を聞いて、さおりさんは世の中でいう”勝ち組”ではないかもしれませんが、
自分の生を精一杯輝かせて、幸せそうに微笑んでいる。
それこそが、さおりさんの凄さなのではないかと思いました。

さおりさんの、自分の運命に打ち勝って得た力強さ、
いのちの輝きに、私たちはひきつけられています。

(R.S.)







こちらもあわせてご覧ください!

2018年8月19日日曜日

2018/08/19 喜多郎コンサートがありました!

みなさま、こんにちは!

こちら飯綱では、お盆が過ぎ、朝晩すっかり肌寒くなってきました。
さおりさんも体が冷えやすいので、暖かくするよう気をつけています。

先日の喜多郎コンサートでは、みんなの太鼓の披露も無事成功しました。
応援してくださった皆様のおかげです。

披露した太鼓の曲想は、いろいろなメッセージを当てはめてリズムを作ります。
一番ベースになる基本のリズムは、
なんと「さおりさん、さおりさん」の3拍子です。

鼓童のよねちゃん先生の指導で、演奏する皆がメッセージを選んで曲作りもしました。
他にも、“今に生きる””必死に生きる””お水がおいしい””お米もおいしい”などの
メッセージをリズムに乗せて太鼓を叩きました。

コンサートの当日、演奏時間には、さおりさんはスヤスヤと静かに眠っていましたが、
もしかすると体を抜け出して、
みんなの演奏を聴きに会場へ遊びにいっていたのかもしれません。

みどり先生、研先生はよく「私たちは、徒労にかけている」とおっしゃっています。
徒労に終わるのではなく、徒労にかける。
キリスト教の言葉だそうですが、やってもやっても成果の出ない、意味のない苦労。
それを、結果が出ないにも関わらず、やり続けることに人生をかけている。
早穂理さんを、少しでも良くしようと、あきらめずにやり続け、自分を深め続けた43年間。

私たちスタッフは、その言葉を聞き、生き様を近くで見せて頂き、
もう一度自分の生き方を見直していくことが、必要だと思います。


























こちらもあわせてご覧ください!

2018年8月15日水曜日

2018/08/15 早穂理さんの歯

先日、早穂理さんの歯の検診をするため、
北長野歯科医院の先生が往診にいらしてくれました。

早穂理さんは、ご飯の前に必ず歯ブラシをします。
1日2~3回は、丁寧に磨いています。

早穂理さんは流動食のため、私たちお口で食べられる人とは違い、
ご飯のにおいや視覚で唾液が出てきません。

歯ブラシをすることで、口の中を刺激して、唾液を促し、
消化を助けることと、ご飯が逆流して肺に入るのを防ぐことができる効果があると、
北長野歯科医院の歯科衛生士さんから教わりました。

早穂理さんは、教えてもらう前からも実践していたのですが、
理由を知るとさらにやってあげなくちゃとみんなで協力して歯ブラシをしています。

3ヶ月に1回の検診は、私たちにとって、
早穂理さんの歯を良い状態に保つためにとても大事な日です。

そして、早穂理さんのように寝たきりの状態では、
なかなか歯医者に行けない人でも、家まできて往診をしてくださる、
北長野医院の先生方には、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

これからも早穂理さんの口腔ケアをしっかりしていきたいと思います。

(A.H.)

















































こちらもあわせてご覧ください!

2018年8月6日月曜日

2018/08/06 夏風邪

みなさまこんにちは!いかがお過ごしですか?

この間、天変地異や災害などが次々と起こっています。
被害に遭われた方のご無事をお祈りしています。

少し前になりますが、こちら飯綱では、さおりさんが少し体調を崩してしまいました。
軽い夏風邪ですが、それでも一気に体温が38度へと上がってしまい、
いそいで抗生剤を飲み、熱を抑えて、なんとか落ち着きました。

さおりさんの笑顔は、まわりの皆を癒してくれる太陽のようです。

この6年間は、スタッフの平岡さんがさおりさんに根気強く語りかけ、
ケアしていたためか、さらに輝くような心からの笑顔をみせてくれることが増えました。お返事もかえしてくれます。

スタッフみんなで、自分の不注意を反省し、
これからもさおりさんの笑顔を守り続けることができるよう、
祈る気持ちでケアさせていただきたいです。

(R.S.)



























こちらもあわせてご覧ください!

2018年6月3日日曜日

2018/06/03 ニコニコちゃのchan♫

4月3日がお誕生日のさおりさんは、
今日で43歳と2ヶ月になります。

さおりさんのお誕生日には、
青少年の皆さんがベランダに集合して
歌のプレゼントをしてくれました!


♫ ニコニコちゃのchan(「となりのトトロ」替え歌)

ちゃのchan ちゃのchan ……

あなたの気づきが大地に種をうずめて
小さな芽 生えたら すべてのいのちが
輝くパスポート
心のぼうけん はじまる


いつもニコニコ ちゃのchan ちゃのchan
ちゃのchan ちゃのchan
いのちの森のみんなを癒してる
大好き ちゃのchan ちゃのchan
ちゃのchan ちゃのchan
もしも会えたなら すてきな幸せが
あなたに来るわ

あなたのとなりに泣いてる誰かがいたら
あなたの雨傘 さしてあげましょう
つぼみが開くよに
心の扉 開きます

※ 繰り返し

ちゃのchan ちゃのchan …… ♫


離れていても、
みんなさおりさんのことが大大大好きです!
いつもありがとうございます。



































こちらもあわせてご覧ください!

2018年6月2日土曜日

2018/06/02 水輪の原点はさおりさん

さおりさんの笑顔は私たちにとって
100万ドルの笑顔であり、とても力強く、
生き生きとして輝いてみえます。

私が頭でっかちで悩んで、水輪へ来た頃、
不平不満ばかり感じていたとき
さおりさんの生きる力に満ちた、生きていること自体がうれしい!
とでもいうような笑顔に出会って、
とても衝撃的でした。
そこから自分が変わっていったと思います。

私はそれまで、障害を持った子供さんや、
ある程度大人になった方たちと触れ合う機会がありました。

しかし皆さん、どこかおどおどとして、
親の顔色を伺い、
不安定さを持っていました。
色々なしがらみの中で生きているのだなと感じました。

それに比べて、このさおりさんの落ち着き様はどうでしょう。
人々を癒す柔らかい波動は、どこから来るのでしょうか。

それはやはり、愛されて育ってきたという一言に尽きると思います。

輝くような笑顔の理由は、
やはりご両親からのあふれんばかりの愛情にあります。
なにがあっても見捨てない、一緒に生き抜くんだという
ご両親の気持ちを感じているのです。

愛されて育つということの大切さが
さおりさんを見ていてわかります。

そしてその愛は、スタッフや実習生である私たちまでも
包んでくださります。

「もしあなたがさおりだったら、私はどうするかしら」
みどり先生はよくおっしゃいます。

もしみどり先生、研先生がさおりさんに対して無関心だったら、
あきらめていたら、
さおりさんは命がなかったでしょう。

同じように、私たちにみどり先生研先生が無関心だったなら、
私たちは今ここにはいないでしょう。

私たちの心の中のダイヤモンドの原石(仏性)を信じて、
一心に磨いてくださっている。
それがみどり先生研先生です。

そしてみどり先生の愛は、時に不動明王の愛に形を変えます。
不動明王はあの、恐ろしい憤怒の形相で、慈悲の愛を示しています。
片手に持ったカマで相手の心の迷いを断ち切り、
もう片方の手に持った鎖で、相手を絡め取って正しい道へと導いていく。

そういった荒業をしなくては、
重度の心の病を持った人たちや、無気力な子どもたちは変えられない。

それを70歳になった今でも
毎日両先生はしていてくださる。
とてもありがたく、頭が下がります。

今まで、いのちの森で、
奇跡のようにみんながよくなっていく姿を見ていて、
環境が良いのだろうか、
食べ物がよいのだろうかと、
はじめはよくわかりませんでした。

しかし今、私はわかります。
みどり先生はみんな人間の中にある
ダイヤモンドの原石(仏性・神性)を信じていて、だからこそあきらめません。

私たちを先生方は、本当の愛で包んでくれた。
私たちの魂を信じて、磨き続けてくれているからこそ、
みんながこのいのちの森でよくなっていくのです。

さおりさん、ありがとう。
みどり先生、研先生ありがとう。

―――私は、統合失調症として水輪でお世話になり、
18年間みどり先生、さおりさんと一緒に暮らさせていただいています。
その中で本当に自分の状態もよくなっていきました。

朝から晩まで、先生方と、さおりさんと、仲間と一緒に
裏も表もない生活をし、切磋琢磨しながら
心を高める人生をともに開き生きています。―――






























こちらもあわせてご覧ください!

2018年5月30日水曜日

2018/05/30 さおりさんの洗髪をしました!

週に1度、お風呂屋さんのアイムさんが来て、
さおりさんをお風呂に入れてくれます。

しかし、インフルエンザや風邪ひきさんが多い冬の間などは、
風邪を移されないよう、みんなで協力して
お風呂や洗髪、足湯などを行ないます。

今日はさおりさんの洗髪をしました!

さおりさんは、言葉を話し、伝えることができないので
ケアをするスタッフたちは、
どれだけさおりさんの身になれるかが試されます。
私達は日々、さおりさんからたくさんのことを学んでいるのです。

さおりさんのママは、
「さおりの言葉にならない心の声を聞きなさい」
といつも私達に、
心の声に耳をすますことの大切さを伝えてくれます。

私達は、いつでも入りたい時にお風呂に入れる。
頭や、髪だって洗える。

でもさおりさんは洗いたい時に洗えないんだと思うと、
さおりさんは忍耐力があるなと見習います。

さおりさんは、自分で頭をぽりぽりかいたり、
寝ていることも多いので、頭から汗もよくかきます。

言葉は話せなくても、
さおりさんはその体で精一杯伝えてくれます。

洗髪をしたあとのさおりさんの気持ちよさそうな顔に、
私達は今日も一日幸せでいっぱいです。





























2018年5月29日火曜日

2018/05/29 さおりさんのマッサージ

さおりさんは、
体を思うように動かしたり、伝えたりすることができないので、
ママがさおりさんの事を思い、
週3回もプロのマッサージ師さんを頼んでくれています。

「てあて」というところから、
山田さんというマッサージ師さんが来てくれています。

なかなか普段できないこと、
お座りをして背中をほぐしたり、
ていねいに足から頭までマッサージしてくれます。

最近さおりさんも山田さんと打ち解け、
リラックスしてとってもいい笑顔です。

2人とも心が通じ合っているようです。

さおりさんの笑顔は
みんなにとって太陽のように光輝き、
周りのみんなを幸せに包んでくれます。

てあての山田さんには、
いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

私たちも山田さんが来れないときは、
さおりさんを笑顔にできるよう
マッサージも学んでいきたいです。

































こちらもあわせてご覧ください!