ブログ説明


早穂理さんは、いのちの森「水輪」を造った塩澤夫妻の娘さんのお名前です。出産時に分娩の医療ミスにより、脳に傷をつけてしまいました。
早穂理さんは歩くことも、話すことも、自分の手で食べることもできませんが、心はみんな解っているようです。そんな早穂理さんの毎日を紹介させて頂きます。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。

2020年10月18日日曜日

45年間の毎日の努力の成果

みなさんこんにちは!
さおりさんは前頭葉脳損傷を出産の分娩時に脳に受けたため、
全身に(特に左手左足に)マヒがあります。
手の指なども思うように動かすことがなかなかままなりません。
しかし、さおりさんが小さい時から、お母さんのみどり先生が、
さおりさんに毎日訓練して出来るようになってきたことがあります。
それはお指の体操です。
「い~ちっ!」というと、親指をぴょこんと上げ、
「に~いっ!」というと、人差し指をぴょこんと上げる
それを3・4・5の指まで続け、両手5本ずつの指を全部できると
「やったー、出来たー!!」と皆で歓声を上げて喜びます。
するとさおりさんも皆の歓声を受けて、まんざらでもない様子です。
このお指の体操は、さおりちゃんの45年間の毎日の努力の成果となっています。
ちゃのちゃんえらい!




2020年10月12日月曜日

はちみつとご機嫌なさおりちゃん


さおりさんブログ
~はちみつとご機嫌なさおりちゃん~

みなさんこんにちは
こちら飯綱は寒い季節になってきました。
早織さんは風邪をひかないように湯たんぽで寒さ対策をしながら元気に過ごしています。

先日、ドイツ在住の野中博士からはちみつが届けられました。
奥様が養蜂家という事で、西洋みつばちのはちみつだそうで、
頂いてみると、マロン味のとても美味しいものでした。
この場を借りてお礼申し上げます。
野中博士のメールをご紹介させて頂きます。

****************************************

はちみつの箱を持ってゴキゲンな早穂理さんの写真どうもありがとうございました。お元気そうでうれしく思います。皆さんのコメントをクリスタに伝えましたらとても喜んでいました。どの月のはちみつが一番お口に合いましたか?5月、6月、7月のものはシュトゥットガルトにある大学の研究所で分析してもらい、はちみつとしての正式な承認を得ました。5月のは「春の花のはちみつ」、6月のは「花のはちみつ」、7月のは「森の蜂蜜」と表記することを勧められましたので、8月のはちみつも分析してもらって、ひょとして「樅のはちみつ」(森のはちみつよりランクが上です)と表示することが可能かどうかチェックしてもらう予定です。
野中潤一

2020年9月28日月曜日

新しい仲間を紹介します




さおりさんブログ
~新しい仲間を紹介します~

みなさんこんにちは。いかがおすごしですか?
世の中は大変な状況ですが、さおりさんはおかげさまで、
穏やかに、元気にすごすことができています。

抗てんかん薬の飲み方を、3回から2回へ変更できたことにより、昼間うつらうつら眠ってしまうこともなくなり、夜間の睡眠がぐっと深くなりました。
そのことにより、さおりさんの生活の質が上がり、昼間元気にはっきりとした意識で過ごすことが出来るようになりました。
ハープを引くことも大好きで、時間があれば、ポロンポロンと嬉しそうに弾いています。
 
さて、今年になって、さおりさんケアに新しい仲間が加わりました。
看護師の中野さんです。
中野さんは、研修期間中ですが、スタッフを目指して日々頑張っています。
中野さんは、さおりさんがお腹を痛がって、苦しそうな声を出すと、一生懸命にその声を聴いて、その痛みに共感し、なんとか痛みを取り除いてあげようと、真剣に看護してくださいます。お腹をさすったり、体位を交換したり、ああしたらいいか、こうしたらいいか、とても一生懸命にさおりさんに向き合ってくれており、さおりさんの状態が少しでも良くなり、笑顔が出ると、心からよろこんでいます。その真摯な姿勢から、わたしたちも多くの学びを得ることができています。
皆で協力し、これからもさおりさんとともに生きあってゆきたいです。

ブログ文章:R.S


足湯をしている早穂理さん



<こちらもあわせてご覧ください!>

2020年6月20日土曜日

気功師の姿菜子さんが来て下さりました。

先日、気功師である宮崎姿菜子さんと帯津先生が、
さおりさんの治療に水輪を訪れてくださいました。
姿菜子さんは今現在は日本にお住まいですが、普段は中国にお住まいになり、
中医学と気功を学ばれてきました。
姿菜子さんは、さおりさんに優しく指先で触れて、
「まず、さおりさんと対話していくことが大切です。」とおっしゃっていました。
さおりさんの冷えのぼせ、頭が熱を持ち、足が冷える症状も、
姿菜子さんから言わせれば、さおりさんは血に熱があるため、
その体内にこもった熱が、上昇し、頭が熱くなる、そして体内の水分は、下へ下がるので、足が冷たくなってしまう、その原理をわかりやすく教えて下さりました。
おなかが張った時の押すと良いツボなども教えて下さりました。
さおりさんが興味を持つハープを弾くことを大切にしたり、とても勉強になり、
さおりさんの自発的な動きを大切にした足運動も教えて下さりました。
より元気になったさおりさんと一緒に、これからもさおりさんの心の声を聴きながら、
過ごしてゆきたいと思います。
姿菜子さん、帯津先生、ありがとうございました!

<こちらもあわせてご覧ください!>

2020年5月27日水曜日

さおりさんケアの実習において

先日、天候もよくとても心地いい日だったので、
さおりさんはベランダに出て日向ぼっこをしました。
寝たきりのさおりさんをベランダまでお運びするのは一苦労。
汚れないようベランダにゴザを敷いたり、吸引機やお布団を準備したり。
また、ここ飯綱の天候は標高が高いせいかとても天候が変わりやすく、
タイミングを見計らわらなければなりません。

私は初めてさおりさんをベランダまでお運びするのでやや緊張していました。
とにかく移動する際、手足が滑ったりして転んではいけないと。
さおりさんケアの実習において、やはり人の命とかかわるわけですから、
絶対に失敗してはいけない瞬間があります。
そのためにケアのための練習だったり、準備だったり、
々自分自身の至らない点を磨かなければなりません
眠い時も体が疲れているときもありますが、
どこまで自身と向き合いこの実習を行うことができるか、
それが今後のさおりさんケアの良し悪しにつながってくるのだな、と感じました。

2020年5月26日火曜日

福祉の原点は愛

今夜のさおりさんは、寝入りばなに発作が頻発し熟睡できるまでに時間を要したようですが、今はスヤスヤと穏やかに眠っています。
私はそこから引き継ぎ、さおりさんケアに入らせてい頂きました。
さおりさんは眠っている間も、ちょっとした物音で発作がおきることもしばしば。
発作が起こるたびにその苦しみを、言葉で表現できないので体全身で表現します。
今夜は睡眠中の発作後、発汗もあった為か腹部の痒みを訴えることが多く、
彼女がお腹に手を伸ばすたびに、代わりに私がお腹をさすっていました。
そんな時に思い出したのが自分の母親のこと。
私は幼いころからアトピー持ちで、アトピーが悪化すると寝入りばなに痒くて苦しくて、そのたびに母が代わりに気を紛らわすために痒い部分を軽く叩いてくれたりしてくれました。その時の記憶があるから、痒がるさおりさんにも何となくできているのかな、
と感じました。

与えてもらった沢山の優しさ、その体験を次は誰かのために与えられたら、
さらにその連鎖が周囲にも伝わっていったら、きっと幸せに感じるんだろうなぁ、

2020年5月20日水曜日

今年初お外で日向ぼっこ

みなさまこんにちは!
私たちは、さおりさんが穏やかに過ごしていたり、
とても嬉しそうな顔、満ち足りた笑顔をして眠っている様子をみていると
自分自身とても幸せになります。
さおりさんは周りにいる私たちを癒してくださっています。
逆に、自分が何かに囚われていたり、雑念に支配されていると、
さおりさんと繋がることが出来ず、さおりさんの発信しているサインを
見逃してしまいます。
さおりさんと繋がっている状態がとても幸せに感じます。

今日は今年初めてベランダへ出て、日向ぼっこをしました。
皆で集まって記念撮影です。
さおりさんは大喜びで、風を感じながらイングリッシュハープの演奏をしました。
とっても上手です。
さおりさんはハープを弾くのが大好きです。
お外を満喫できました。
これからも出来る限りお外に出て、さおりさんに日向ぼっこをさせてあげたいです。


<こちらもあわせてご覧ください!>

2020年4月30日木曜日

さおりさんは私にとって先生です。

さおりさんは、てんかん発作がある為なかなか寝付けない時もたくさんあります。
さおりさんは言葉を話すことが出来ず、さおりさんがしたいことは、
「あ~」とか「う~」とか一生懸命言ってくれます。
ですが、私達には、さおりさんが言っている
「ここが痛い、こうしてほしい、あーしてほしい」とい言う事を聞きとる事ができません。
さおりさんは一生懸命私たちに「あー」とか「うー」とか言って自分のしたいことを伝えようとしてくれます。
そして、私たちに伝わらない時は、頭を引っ張ったり、お腹が痛い時は、お腹を叩いたり、言葉の変わりにボディーランゲージを使ってさおりさんは一生懸命伝えてくれています。
だから、私達が本当にやらなければいけない事は、言葉にならない心の音を聞くことです。
さおりさんの言っている言葉にならない音を一生懸命聞くこと、それは、さおりさんが、私達に訴えている、何よりの生きている証なのですから。
なかなかお母さんのようには、さおりさんの心の音をうまくキャッチすることができずに
「さおりさんごめんね。」といつも思っています。
さおりさんと向き合うことは、自分と向き合うこと。
自分の心を研き澄ませてなければ、さおりさんに本当に真向かっていなければ、雑念に支配されさおりさんの心の音を聞くことができません。
私の、雑念を払い日々成長させてくれる、結果になっています。
本当にさおりさんは、私にとって先生です。
いつもいろいろなことを教えてくれてさおりさんありがとう。
心から愛しく思っています。
今日もさおりさんが元気で1日過ごせますように・・・
(A.H)

最近のさおりさんの写真です。
散髪もしてさっぱり。
さおりさんの言葉にならない心の声を聴くこと。
与えてるのは私たちではなく、私たちがさおりさんから多くのことを与えて頂いています。
さおりさんの笑顔が見れると本当に幸せです。

<こちらもあわせてご覧ください!>

2020年4月29日水曜日

さおりちゃん洗髪しました!

今日は、さおりさんの髪を切り洗髪しました。
さおりさんはてんかん発作が起こるためか、後頭部がとても熱くなり、汗を大量にかきます。なのでアイスノンでいつも頭を冷やしているくらいです。
髪の毛が伸びてくると、後頭部がむれて汗をかくので、
今日は鷲尾さんにさっぱりと切ってもらいました。

ちょっとボーイッシュなベリーショートになりました。
お父さんは以前「さおりちゃんはやっぱりマッシュルームカットがかわいいよ」と
言っていましたが、どんな髪型のさおりちゃんでも可愛くてしょうがないという感じで
「ちゃのや~、かわいいね~。」と声をかけてくれていました。

ぽっちゃりとしたほっぺたが、よけいに可愛らしく
みんなの人気者のちゃのちゃんです。
(R.S)


<こちらもあわせてご覧ください!>

2020年4月11日土曜日

早穂理さんへのメッセージ~No.1~


早穂理さんへのメッセージ
~No.1~

みんな大好き早穂理ちゃん。
そんな早穂理さんは今年で45歳。
実は早穂理さんの誕生日に水輪で実習させて頂いているメンバー全員で
お手紙を書かせて頂きました。
さおりブログでは水輪メンバーが早穂理さんへのメッセージや
早穂理さんから学んでいることを少しずつご紹介させて頂きます。

******

ちゃのちゃんお誕生日おめでとう♥♥

ちゃのちゃんお誕生日おめでとうございます。
45年間精一杯生きてくれてありがとう。
今、この時をちゃのちゃんと有ることをとても嬉しく思います。
大きく地球が生まれ変わろうとしているこの時代に
重い病気を抱えるシナリオを持って生まれることを選んできたちゃのちゃんを
本当にすごいと思い、尊敬しています。
その挑戦を助け、守り続けてこられた先生方に本当に感謝いたします。
そして同じように私達を守ってくださっていることにも感謝いたします。
これからの大きな波もちゃのちゃん、皆と先生方と力を合わせて
越えていきたいと思います。
ちゃのちゃん生まれてきてくれてありがとう!!
(スタッフC.Wさん)

写真は最近の早穂理さんの写真です。
みどり先生が置き針をして下さりました。
早穂理さんとお座りしているのは早穂理さんケアの理恵さんです。
早穂理さん、いつもありがとうございます。

2020年4月3日金曜日

.*+♡さおりさんハッピーバースデー♡+*.


さおりさんハッピーバースデー

4月3日今日はさおりさんの45歳のお誕生日
みんなでお祝いしました。
10歳までしか生きられないと言われていたさおりさん
45年も生きてくれていて、さおりさんはすごい!
さおりさんありがとう
生まれた時から喋ることも出来ず、歩くことも出来ず
全てを奪われたさおりさん
でも心だけは失わず、その存在を私たちに教えてくれている
さおりさんはすごい!
さおりさんが居たからこそ水輪が生まれ
私たちが出会えました
さおりさんありがとう

そして
矢野みさこさん
大石たけのりさん
すみちゃん
山下洋子先生
木下修さん
木下容子さん
丸山宏之さん
丸山ステラさん
ユール洋子さん
山本勇人先生

いつも忘れずにいてくれてありがとう

今日はさおりさんの誕生日
さおりさん、おめでとうございます。