ブログ説明


早穂理さんは、いのちの森「水輪」を造った塩澤夫妻の娘さんのお名前です。出産時に分娩の医療ミスにより、脳に傷をつけてしまいました。
早穂理さんは歩くことも、話すことも、自分の手で食べることもできませんが、心はみんな解っているようです。そんな早穂理さんの毎日を紹介させて頂きます。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。

2020年5月20日水曜日

今年初お外で日向ぼっこ

みなさまこんにちは!
私たちは、さおりさんが穏やかに過ごしていたり、
とても嬉しそうな顔、満ち足りた笑顔をして眠っている様子をみていると
自分自身とても幸せになります。
さおりさんは周りにいる私たちを癒してくださっています。
逆に、自分が何かに囚われていたり、雑念に支配されていると、
さおりさんと繋がることが出来ず、さおりさんの発信しているサインを
見逃してしまいます。
さおりさんと繋がっている状態がとても幸せに感じます。

今日は今年初めてベランダへ出て、日向ぼっこをしました。
皆で集まって記念撮影です。
さおりさんは大喜びで、風を感じながらイングリッシュハープの演奏をしました。
とっても上手です。
さおりさんはハープを弾くのが大好きです。
お外を満喫できました。
これからも出来る限りお外に出て、さおりさんに日向ぼっこをさせてあげたいです。


<こちらもあわせてご覧ください!>

2020年4月30日木曜日

さおりさんは私にとって先生です。

さおりさんは、てんかん発作がある為なかなか寝付けない時もたくさんあります。
さおりさんは言葉を話すことが出来ず、さおりさんがしたいことは、
「あ~」とか「う~」とか一生懸命言ってくれます。
ですが、私達には、さおりさんが言っている
「ここが痛い、こうしてほしい、あーしてほしい」とい言う事を聞きとる事ができません。
さおりさんは一生懸命私たちに「あー」とか「うー」とか言って自分のしたいことを伝えようとしてくれます。
そして、私たちに伝わらない時は、頭を引っ張ったり、お腹が痛い時は、お腹を叩いたり、言葉の変わりにボディーランゲージを使ってさおりさんは一生懸命伝えてくれています。
だから、私達が本当にやらなければいけない事は、言葉にならない心の音を聞くことです。
さおりさんの言っている言葉にならない音を一生懸命聞くこと、それは、さおりさんが、私達に訴えている、何よりの生きている証なのですから。
なかなかお母さんのようには、さおりさんの心の音をうまくキャッチすることができずに
「さおりさんごめんね。」といつも思っています。
さおりさんと向き合うことは、自分と向き合うこと。
自分の心を研き澄ませてなければ、さおりさんに本当に真向かっていなければ、雑念に支配されさおりさんの心の音を聞くことができません。
私の、雑念を払い日々成長させてくれる、結果になっています。
本当にさおりさんは、私にとって先生です。
いつもいろいろなことを教えてくれてさおりさんありがとう。
心から愛しく思っています。
今日もさおりさんが元気で1日過ごせますように・・・
(A.H)

最近のさおりさんの写真です。
散髪もしてさっぱり。
さおりさんの言葉にならない心の声を聴くこと。
与えてるのは私たちではなく、私たちがさおりさんから多くのことを与えて頂いています。
さおりさんの笑顔が見れると本当に幸せです。

<こちらもあわせてご覧ください!>

2020年4月29日水曜日

さおりちゃん洗髪しました!

今日は、さおりさんの髪を切り洗髪しました。
さおりさんはてんかん発作が起こるためか、後頭部がとても熱くなり、汗を大量にかきます。なのでアイスノンでいつも頭を冷やしているくらいです。
髪の毛が伸びてくると、後頭部がむれて汗をかくので、
今日は鷲尾さんにさっぱりと切ってもらいました。

ちょっとボーイッシュなベリーショートになりました。
お父さんは以前「さおりちゃんはやっぱりマッシュルームカットがかわいいよ」と
言っていましたが、どんな髪型のさおりちゃんでも可愛くてしょうがないという感じで
「ちゃのや~、かわいいね~。」と声をかけてくれていました。

ぽっちゃりとしたほっぺたが、よけいに可愛らしく
みんなの人気者のちゃのちゃんです。
(R.S)


<こちらもあわせてご覧ください!>

2020年4月11日土曜日

早穂理さんへのメッセージ~No.1~


早穂理さんへのメッセージ
~No.1~

みんな大好き早穂理ちゃん。
そんな早穂理さんは今年で45歳。
実は早穂理さんの誕生日に水輪で実習させて頂いているメンバー全員で
お手紙を書かせて頂きました。
さおりブログでは水輪メンバーが早穂理さんへのメッセージや
早穂理さんから学んでいることを少しずつご紹介させて頂きます。

******

ちゃのちゃんお誕生日おめでとう♥♥

ちゃのちゃんお誕生日おめでとうございます。
45年間精一杯生きてくれてありがとう。
今、この時をちゃのちゃんと有ることをとても嬉しく思います。
大きく地球が生まれ変わろうとしているこの時代に
重い病気を抱えるシナリオを持って生まれることを選んできたちゃのちゃんを
本当にすごいと思い、尊敬しています。
その挑戦を助け、守り続けてこられた先生方に本当に感謝いたします。
そして同じように私達を守ってくださっていることにも感謝いたします。
これからの大きな波もちゃのちゃん、皆と先生方と力を合わせて
越えていきたいと思います。
ちゃのちゃん生まれてきてくれてありがとう!!
(スタッフC.Wさん)

写真は最近の早穂理さんの写真です。
みどり先生が置き針をして下さりました。
早穂理さんとお座りしているのは早穂理さんケアの理恵さんです。
早穂理さん、いつもありがとうございます。

2020年4月3日金曜日

.*+♡さおりさんハッピーバースデー♡+*.


さおりさんハッピーバースデー

4月3日今日はさおりさんの45歳のお誕生日
みんなでお祝いしました。
10歳までしか生きられないと言われていたさおりさん
45年も生きてくれていて、さおりさんはすごい!
さおりさんありがとう
生まれた時から喋ることも出来ず、歩くことも出来ず
全てを奪われたさおりさん
でも心だけは失わず、その存在を私たちに教えてくれている
さおりさんはすごい!
さおりさんが居たからこそ水輪が生まれ
私たちが出会えました
さおりさんありがとう

そして
矢野みさこさん
大石たけのりさん
すみちゃん
山下洋子先生
木下修さん
木下容子さん
丸山宏之さん
丸山ステラさん
ユール洋子さん
山本勇人先生

いつも忘れずにいてくれてありがとう

今日はさおりさんの誕生日
さおりさん、おめでとうございます。



2020年3月1日日曜日

食事療法

みなさまこんにちは。
いかがお過ごしですか。

さおりさんはおかげさまで、とっても元気です。
しかし、ご飯をいろいろと工夫をして、
血糖値の高さを改善しています。

さおりさんは亜鉛と鉄分が少ないという血液検査の結果から、
食事を1日5食(朝昼晩の食事と2回のおやつ)にして
思考錯誤しながら
食事療法をしています。
それは全部お母さんである
みどり先生が考えて、献立を立てています。

ご飯では、畑の無農薬のお野菜をふんだんに使い、
だしで煮て、タンパクを入れ、
酵素玄米と一緒にミキサーにかけます。

おやつでは、葉物や果物などを中心に作っています。
旬の食材から栄養をたくさんとっているおかげで、
さおりさんは今日も元気いっぱいです。

最近はお座りもたくさんしていて、ちゃのちゃん頑張っています。

2020年1月31日金曜日

さおりさんマッサージ

みなさん、こんにちは!
いかがお過ごしですか?

さおりさんは、おかげさまでとっても元気に過ごしています。

さおりさんは、先日若石リフレクソロジーというものに出会いました。

ジャックリーという祖父さんがはじめた、
病気をも治すリフレクだそうです。

足の裏を痛いくらいにぎゅっと押し、
老廃物を押し流すのだそうです。

丸山さん自らが、さおりさんの足をマッサージしてくださりました。

丸山さんの手は、とても大きくふっくらとしていて、
さおりさんの小さな足をすっぽりと包み込んでくださりました。

さおりさんも気持ちよいのか、
にっこんにっこんしています。

マッサージのやり方を教えていただいたので、
毎日続けてみようと思います。

丸山さん、ありがとうございます!

(R.S.)
<こちらもあわせてご覧ください!>

2020年1月28日火曜日

リフレクソロジー

昨日は、丸山さんが母屋に来てくださって
さおりさんの足のマッサージをしていただきました!

足からすべてがわかるように、さおりさんの体の弱い部分のツボを
念入りに押していただきました。

さおりさん、気持ちがいいのか満面の笑みでご機嫌です。

さおりさんのことも真剣に考えてくださっている丸山さんの姿勢に
とても感謝です。

ありがとうございます。

<こちらもあわせてご覧ください!>

2020年1月12日日曜日

あけましておめでとうございます

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!
今年もさおりさんの様子をたくさん伝えていきたいと思います!
よろしくお願いいたします。

<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年10月27日日曜日

台風が去って

みなさん、こんにちは!
いかがお過ごしですか?

先週の台風19号の被害は、日本のあちらこちらで川の氾濫などが起こり、
大変だったようです。
長野県でも千曲川が氾濫し、大きな被害が出ました。
水輪では4日間停電が続きました。

さおりさんは、酸素の機械に頼って呼吸をしているので、
停電などの災害時には、
まず何においても酸素の確保が必要です。

今回急に停電が起きましたが、
あらかじめ用意してあったボンベに酸素のホースをつなぎかえ、
充電式の簡易吸引機を用意してそれを使うなど、
わりと冷静にそれぞれが対応できたように思います。
さおりさんは停電が起こっても何のその、動じませんでしたが、
周りがなんだかバタバタしているなど感じたかもしれません。

4日間の停電によって学んだことはたくさんありました。
普段当たり前に使っている電気の有難さ。
物を大切に使うこと。電気も水も何もかも有限であること。
仲間と協力し合う大切さ、などです。

発電機にさおりさんの酸素を供給する機械と吸引機をつなぎましたが、
2時間おきに35リットルのガソリンを補充する作業を
夜も総務のメンバーが交代で、ほぼ徹夜で行ってくれていました。

家の中も、色々な機械音はなくなり、シーンとしていました。
外の状況がわからないので、ラジオをつけたりしました。
夜はだんだんと寒くなり、さおりさんの布団の中には、
湯たんぽを2~3個用意して入れ、
母屋リビングでは暖炉を何年かぶりに焚きました。

今回は水道とガスが使えたおかげで、何とかなりましたが、
それらもない生活となると、かなり色々なことが大変になると思いました。
そういった災害が起こらないとはいえないので、
何が起こっても大丈夫なように、心も物も備えておくことが大事だと感じました。

また3日間という限られた間でしたが、
その間、皆との距離が近くなり、真剣に協力しあうことができたように思います。

宿泊されていたお客様も、無事にお過ごしいただけてよかったです。

これもいつも飯綱消防局の方々が
水輪に来てくださり、火事が起こった時の緊急避難訓練を
みんなに教えて下さっている賜物だと思いました。
いつもありがとうございます。
消防訓練、今回は火事が起こらなかったのが幸いでしたが、
いつも消火器の使い方なども消防訓練の時に教えていただいているので、
いざという時、冷静に対応するためにも
日頃の練習が本当に役立ちました。

今回もたくさんの方々のご支援に感謝いたします。



嵐が去って平和に戻ったある日の午前中。
お世話になっているヘルパーさんと一緒です。
いつもさおりさんの医療器具の消毒とマッサージをしてくださっています!

ありがとうございます。
(R.S.)

<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年10月6日日曜日

最近のちゃのまるちゃん

みなさん、こんにちは!
もう10月になりました。
こちら飯綱では、秋の澄み渡った空がみられ、
朝晩はつめたい空気に包まれています。

さおりさんは今、おなかの調子がいまいちよくありません。
下剤を飲んで調整をしていますが、
おなかをものすごく痛がり、うなるときもあります。
足運動をしたり、お座りをしたりして、
なんとかおなかを動かそうと試みています。

お座りをすると、おなかの中のガスが動き、
ゆらゆらと左右に揺れたり、
うしろに倒れることでもおなかが動きます。

座ると、筋肉も使うので、
血糖値も下がり、良い値になります。

私は今から18年前、さおりさんが26歳のときに
はじめてさおりさんに出会いました。

そのときのさおりさんは、はにかみ笑いをして、
伏し目がちにしていましたが、
今44歳になったさおりさんは、
堂々と「ガハハ!」と元気に笑っています。

さおりさんも一皮むけて、成長されているのだなぁと感じます。

これからも皆で一緒に成長してゆきます!
(R.S.)


<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年8月27日火曜日

安らぎの場所、かえかげのない場所。

私は18年前、自分が自分に安らぐことができず、
誰といてもどこにいても
落ち着く場所がないと感じながら、水輪へ来ました。

そして、ここで心の底から癒されました。

万人の魂の帰る場所、
それがここ水輪なのだと思います。

そして、色々な違った個性の人々が集まり、
お互いの違いを認めながら、補いあいながら、
力を合わせて学び合う場所。

そんないのちの森を、私はかけがえのない場所だと感じています。

一人ひとりの力は小さくても、
皆が力を合わせれば、何かができる。

先生や、先輩たちが心や体をすり減らしながら、
苦労しながらこの場所を守り、作り上げてくださったことに感謝し、
さおりさんの存在に感謝し、
これからもこの場所が存続してゆけるよう、
自分を磨いていきたいと思います。

(R.S.)
<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年7月26日金曜日

さおりさんへのお手紙㉒

さおりさんへのお手紙㉒
いのちの森のみんなから、ちゃのちゃんへのお手紙です。

さおりさんへ

ちゃのちゃんが産まれてきたおかげで、
ここ水輪ができ、
みんなが集まって生活することができています。

自分は半年くらい総務で生活をして、
ちゃのちゃんのお手伝いもさせていただきました。

ちゃのちゃんはいつもにこにこ元気に生きていて、
みんなを癒してくれています。
自分もその笑顔に何回も助けていただきました。

これからは、水輪にきた理由ともなった
大きな問題点が明らかになってきたので、
頑張って克服していきたいと思います。

ちゃのちゃんも応援していてください。
いつもありがとう。
(Y.T.)


2019年7月13日土曜日

さおりさんへのお手紙㉑

さおりさんへのお手紙㉑
いのちの森のみんなから、ちゃのちゃんへのお手紙です。

さおりさんへ

さおりさん、お元気ですか?
さおりさんが存在していなかったら、
自分はここ水輪にはいなかったでしょう。

さおりさんの生命力は、すごいと思います。
さおりさんの笑顔は天使のようです。

さおりさんがいるからこそ、
ここ水輪があるのだと思っています。
これからも元気でいてください。

(A.T.)


<こちらもあわせてご覧ください!>

2019年7月11日木曜日

さおりさんへのお手紙⑳

さおりさんへのお手紙⑳
いのちの森のみんなから、ちゃのちゃんへのお手紙です。

さおりさんへ

水輪にお世話になって約1年半、
さおりさんと関わる機会がほとんどなかったことを
今残念に思います。

そして誕生日のお祝いを通して
さおりさんと通じ合えたことを
嬉しく思います。

44歳になられるということで、
私と近い年代ともいえますが、
自分が今まで20歳、30歳と節目の年齢を迎える時
さおりさんも確かに生きていたことを
改めて意識すると
今まで以上に身近に感じられます。

これからもこの飯綱の地で、
いろんな人の心を救っていくことだと思います。

これからも、よろしくお願いいたします。

(T.M.)