ブログ説明


早穂理さんは、いのちの森「水輪」を造った塩澤夫妻の娘さんのお名前です。出産時に分娩の医療ミスにより、脳に傷をつけてしまいました。
早穂理さんは歩くことも、話すことも、自分の手で食べることもできませんが、心はみんな解っているようです。そんな早穂理さんの毎日を紹介させて頂きます。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。

2018年5月25日金曜日

2018/05/25 最近のさおりちゃんです

みなさま こんにちは!
いかがお過ごしですか?

さおりさんは、おかげさまで、元気いっぱいに過ごしています。

今年は暖かく、桜の開花も例年より早かったです。
日の光に向かって手を伸ばしていた葉っぱの赤ちゃんも
みるみる間に大きくなり、
きれいな緑色の葉で木々を覆っています。

さおりさんは、お外に行きたいのか、
窓からの景色をしきりに眺めています。
ベランダへ出ることが待ち遠しく感じます。

日差しは暖かくなったとはいえ、
気温はまだ肌寒いので、
さおりさんのお出かけはもう少し先になりそうです。

ナナカマドのさおりさんのベッドの枕元には、
お誕生日にいただいたカードが飾られています。
元スタッフのみさこさんからいただいたカードです。

「さおりさん、お誕生日おめでとうございます。
さおりちゃんが生きていてくれることに
感謝しています。
さおりちゃんと、ちゃのまるちゃんのママとパパと、
水輪の幸せをいつもいつも祈っています。」

という言葉が書かれています。

このメッセージを見ると、改めて、
さおりさんと一緒にいられることの幸せと、
水輪に関わってきてくださった方々の想い、
水輪を作ってきてくださった、
会ったこともないたくさんの方々の大切な想いを
無駄にしないよう、
受け取って、引き継いでいけるよう、
この大切な水輪という場所を守り、良くしていきたいと感じます。

ありがとうございます。































こちらもあわせてご覧ください!